読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moon's refuge

槻*の織り成す言葉や世界観で詩や日記をメインに綴っていきたいです!w((*´∀`))

ぽかーん

 

最初に申し上げておきますが少々、暗い日記となるかと思います。

 

 

 最近、事細かなストレスがありまして仕事、プライベート、恋愛、家族間…etc

 精神安定剤を飲んでは気持ちを落ち着かせ仕事に向かっていました。

しかしながら昨日は体調が良くなくて会社にお休みを頂きました。母から聞くと

顔が青ざめていて今にも倒れそうな表情だったと言っていました。

その日は無理をせずになるべく負担にならないよう休息を取って過ごしていました。

 

 夜になると仕事で自分が失敗をしている映像や恫喝をされている幻覚が見えたり

不眠になり睡眠が乏しくなるため、夜にも安定剤を飲んでから寝るようにしていて

次の日は会社に行けるようになればいいなと思って布団につきました。

 

なのですが今朝4時過ぎ、無意識ながら衝動的にカッターナイフで左手を

ずたずたに引き裂いている自分がいました。そのときの記憶はなくて痛みも全くなくて

母と父に止められて初めて気が付きました。これまでリストカットはしたことがなくて

はじめてしてしまったことですが、手の甲側と腕の裏から肘にかけて筋が入って

血だらけでした。我に返ったときは自分でもびっくりして意識が遠のきそうでした

 

 

でもリストカットをすると落ち着くだとか安心できるものだとぼくは聞いたことがあります。

無意識のうちに行ってしまっていたせいなのか、ぼくの場合は虚しさや切ないような

なんともいえない空虚感、虚無感に駆られて安心など微塵も感じられなくて

どうして自分はこうなってしまったのだろう、なぜ、こんなことをしてしまったんだろうと

不思議に疑問に怖くなって母校である大学に行ってカウンセリングの先生や

自分が当時専攻していた臨床心理学ゼミの先生等に何か少しでもヒントを得ようと思って

大学まで行ったのですが先生も分からないとおっしゃられて大学が県外なので

通うのも困難ということで精神疾患をケアするような施設や場所、入院できるような

環境がないか自分でも調べてみたんですがそれらしいものは見つけられず

打つ手なしで困り果てているんですが我慢するしかないようで

自分でも分かっているんですが仕方ないですよね。

 

どんなけ腕を切ったって、記憶が飛ぶくらい薬や安定剤を飲んだって

結局は我慢して耐えて耐えてってするしかなくて、中学から高校に行ったのがぼく1人で

大学も県外で下宿していたので地元の同級生たちはぼくの中で中学で止まっているんですが

ほとんど接点がなく疎遠になってしまっていて、兄弟、姉妹もいないので地元では友達が1人もいなくて

 唯一、会話できるのが親しかいないにも関わらず本質を見て、聴いてもらう前に

先入観や持論で根底から拒否、拒絶されてしまうので本当に伝えたい思いを伝えられずにいて

父親のいうことは小さいころから絶対なので従わなければ暴言、暴力を振るわれて育てられたので

 左手が血だらけになろうが心が血まみれになろうが親からしたら知ったこっちゃないんですよね

辛いことを唯一言えるはずの家族にも言えない。話す人もいない。自分で抱え込むしかない

なのに関わらず薬もカッターも取り上げられる。ここ最近で心に余裕が出来たり

幸せだと本当の思ったことはありません。

silentsirenは好きだけど無理に笑っていたのかもしれません

 

明日も仕事があるし、もう休めないから行くしかないし社会人として当たり前だけど

せめてカウンセリングを受けられたら良かったのになって思います。

明日も会社の同僚からゆすられ、脅かされてびくびくしながらこれまでできたことすらも

不安や恐怖で固められて仕事を続けていかないといけないと思うと怖くて溜まりません。

だけどもどうすることもできないから我慢するしかない。独りで抱え込むしかない。

捌け口もストレス解消もなくてただただ罵声を浴びせられて黙々と仕事をこなすしかないです。

生活があるのでいらんことを言ってクビにされた日には腕どころか人生まっくらです。

腕1本ごときで生活が確保されるならどんなけでも我慢します。

 

本当に泣きたいのはぼくだっていうのに。

終わりますー。