moon's refuge

槻*の織り成す言葉や世界観で詩や日記をメインに綴っていきたいです!w((*´∀`))

雨とポエムと寒い夜*降涙の午後(ぽえむ。)

 

コンビニや学生時代だった頃の傘立てに
置き傘や放置された傘を良く目にしますー

雨が降ってて途中で止んだり
降ってくるかも!って思って
持ってきたはいいけど結局、降らなかったり
めんどくさくなったりもあるかもですよね…(´・・`)


でも本当は忘れちゃいけないんですよね、
泣いてしまっているかも
口を聞かないから、物だからって決めつけて
雑に扱ったり適当にあしらったりしてるかも
無意識にそうなっているかもしれない
って思うような自分自身と向き合うべく
書きましたー(*´・ч・`*)


放置しても忘れても要らなくても
お金かかってますもんね…タダじゃないし
なおさら、ちゃんとしないとなって感じです
社会人ですし。知らない、聞いてない、は
あまり通用しないと思ってますので
肝に銘じます( ´∵`)笑




「降涙の午後」


ひとしきり静かな午後はきらいだ
なんだか切なくなってくる


傘の泣く声がする

コンビニの一角で
校舎の片隅で
忘れられたそれらは泣いて泣いて
尽きるんです


ぼくのご主人様は探してくれない
知らない誰かに誘拐されては
また知らない場所に捨てられる

自由なんてどこにもなくて
哀しくて
やりきれなくて
ぼくは雨がきらいだ


晴れた方が好きなくらいでホッとする


大声で泣いてしまうのは
寂しくて胸が痛いものだけど
ちょっと落ち着いて楽になる


降涙が降り注がれて
世界を涙で覆ってみせて
ぼくの気持ちを届けたい

あしたの午後は
虹が映えるように

きみと一緒に笑いたい