moon's refuge

槻*の織り成す言葉や世界観で詩や日記をメインに綴っていきたいです!w((*´∀`))

ぼくがぼくであるために

最近、ある方とお話していて

「いつも笑顔ですねー。」なんて言ってくれて

病むことないですか?」って聞かれて

いやいや、あるあるー。って話してたら

思った以上に深い話まで発展しちゃって




どうやって精神的なことから立ち直ったの?

槻は行動力があって、前向きで、仲間がいて

そんな風に感じたんだけど、どうやったら

そんな風に充実した生活が送れるの?

突き動かしてるのはなんなの?



って、めっちゃ興味津々で聞かれた

大学のみんなと飲み会もしたし

福島にも行ってきたし

なおさらキラキラして見えたのかもしれない




でも即答できなかった…。朝、言われて

仕事中、ずっと考えてた。ぐるぐるぐーる



まあ(* ॑꒳ ॑* )知っての通り

精神的には強くないです。むしろ、弱い方だ

高校生くらいから、ちょっとおかしくなって

落ち着いては、またおかしくなって

の繰り返しで、ずっときてて



短期間の間に、ばたばたと重複して

いろんなことが起こったり

対処しきれなくなって病んだり

パニクったりして引き篭もったり

忘れていたけど思い出すとたくさんあった



台湾交流もいい思い出。(๑ ́ᄇ`๑)

ほかの人から見たら何も変化ないようにも

思えるかもしれないけど、

ちょっと積極的になって精神的にも強くなれた




台湾交流から帰ってきて少ししてから

誘ってもらったボランティア

ボランティアは高校生のとき以来で

不安もあってちょっと怖かったりもしたけど

せっかくのお誘いもあって行くことにした

福島県(*Ü*)و✩*.゚



あいちから、とも初対面で

福島も絆も初対面で

すべてがはじめてだったから

実際に行って感じるものや伝わってくるものが

衝撃的で感銘を受けたよ

なべっちに会ってからもう4年が経ちます

はやいねー。



そんなこともあってか、だいぶ落ち着いてきて

もうないと思っていたのに

去年、別の職場でやっちゃいましたからね…

あれが1番だったかなあ、、当時の記憶は

まったく残ってないので

Facebookを更新したり

自宅に警察が来たり、後から人や親に聞いて

全部、知ったんだけども

思った以上に全然痛くなかったらしく

病んでると痛覚ですらマヒするみたいで

生きてて良かった。



そこから環境も変わり

過疎ってた人や大学の友達や後輩等

連絡を取るようになり



福島サイドも愛知サイドも

参加出来ていなかったボランティアも

再開し始め



気持ちに余裕が出てきて

少しずつ活力を取り戻していけて

いまがある感じかな



大学関連の人たちからは

楽しいことを楽しいと思えるような

素直さとか無邪気な心とか

取り戻せた感じで自信がついてきて




あいちから、絆、福島の人たちからは

活気をもらって、尊さや人との繋がりが生む

思いやりとか強さみたいなのを

目の当たりにできて繊細さとか成長できたから



ひとりじゃ絶対、むりだったもんね

立ち直れたのはみんながいてくれたからで

突き動かしてるのは、そう在りたいって

いまは強く思えてて、ゆって、

みんな好きだから


会いたくなるから、そのために頑張ろうって

思えるしね(´º∀º`)




福島行って、もう4年も経つのに

まだ初対面の方がいらっしゃったり

まだまた知らないことがあったり

毎回、福島の魅力にそそられて釘付けです。

恋し過ぎて11月、もう休み取りました。←

空港祭、楽しみです。冷え性なので

厚着していきます。体調万全で行きます。

小澤さんのミルク鍋楽しみです。



今年は野郎組も全員、集まれたし

何かいいことが起きそうな年になりそうだー

懐かしくもあり、嬉しかったー



これもある人に言われたんだけど

槻の周りにはいつもたくさん人が集まって

みんなを笑顔にして惹き付けるような

魅力があるよね。



って言ってもらえたことがあります。

生涯、そうで在りたい。



みんなに覚えててもらえて嬉しいかった!

これからはみんなのためにあるべき

自分になれるように目指して頑張る。



帰ってきたばかりでばたばたしててあれだけど

また落ち着いたら詩を書こう✧ \( °∀° )/ ✧

まずは自分らしくブレない。