moon's refuge

槻*の織り成す言葉や世界観で詩や日記をメインに綴っていきたいです!w((*´∀`))

ゆず*

 

今日はゆずを聴きながらブログ更新したいと思います!

爽やかな温かい歌が多くてぽかぽかしますね!最近、すっごく寒くなったのでほんとに嬉しいです。

 

何回か言ってるかもしれないですけど冷え性なんですよね。ぼく。笑

 なのに仕事着がいまだに半袖っていう決まりで泣きそうです。

 

今の時期だとマフラーとか帽子とか当たり前のように大学時代は着用してました。笑

 お風呂だけじゃなくても指先とか足までがんがんに冷えてしまうのでほんと辛くて…

高校生の時はカッターシャツとブレザーだけだと死ぬほど風とか寒気が直で来てしまうので

セーターを指先まで引っ張って無理やり手をもごもご入れて生活してたんですけど

どうやら萌え袖とかいう女の子がしたりするやつに当たるらしくて気持ち悪いって

よく言われたりしてたんですけどペンですら握れなくなるくらい手がかじかむのでその状態でも

結構ぎりぎりで悪口と寒さなら悪口を耐えますっていうね。

 

 

自分が高校生のときは誰が言い始めた言葉なのか、

「手が冷たいと心が温かいんだよ。逆に心が冷たいと手が温かいんだよ。」なんてことを

良く聞いたり、友達と言ったりして笑い合ったりしてた記憶があります。笑。違います。きっと。笑

 手が冷たいと心が温かいんじゃなくて手に暖を与えるためにどうしようか考えるから自然に

メンタルに耐性が出来て打たれ強くなれる気がするから温かいんだと思う。

 実際、結構えぐいくらいにメンタルにきてるときは確認とかはしないけど手が温かいとは思えない。

 むしろそんなときって、誰よりも自分自身よりも心よりも1番悲鳴あげてるのって手じゃないのかな。

ちょっぴりだけど思ってたりもする。

 

 片思いの人が好きな人から連絡が来ないと無意識のうちに何度もスマホを見ちゃったり

 失恋した人が好きな人との思い出を思い出しながら泣いてるときに涙を拭いたり

いつだって寂しそうで共感してくれる身近な存在は手なんだと思う。ぼくたちが思ってる以上に

 繊細で鼓動を素直に感じてて心を通い合わせると同じくらいに手も繋がれるから

 手の表情も気持ちも大切にしたいですよね。手に感情があったらなんて言われるか。

こうやってブログを更新していたって「おいおい、何言わせんだよ。やめろよ。笑。」とか

一緒にふざけたり、笑ったりして過ごせるのかなあ。しかしぼくは自分の手を無視して

キーボードを叩きまくりますよ!笑。

 

 

そんなに毎日、何か変わったことが起こってるわけでもないのに珍しく毎日ブログ書けてて

3日も続いてるんで奇跡ですね!ブログは普通に入れて書きやすいのでホッとしてます。

気持ちが整理できるのは落ち着けていいですよね。なぜか詩を更新していたサイトに入れなくなって

パソコンから入ってみようとしてもスマホからでも別のパソコンを使っても

ページが表示できませんって出てきてログインすらできなくなりました。笑。

詩が書けなくだけなら別のところで書けば済む話なのでいいんですけどねー。

いままで書いた詩がだいたい300以上くらいはあるんですけど大半の詩ががそこにあるので

 すべて消えちゃうのはちょっとなあ…って思うんですけど300なんていちいちバックアップとか

取ってないしログインすること自体もう諦めかけるので覚悟できたし。いいんですが

ぼくが作ってきた詩のすべてといいますか。自分の世界観の塊みたいなのが

そこにはあったので…すこし寂しいかなあって…。笑

 

 

 おとなしくブログで詩を書いていけよw

 いや、ほんとにそのとおりなんですけどね。自分が書いた詩って自分の子どもみたいな

 それくらい大切なものなのなんですよね。なのでどこかでぼくの詩とか読んだり見かけたりしたら

 楽しんで読んでもらえたら。少しでも温かい気持ちになれたら。優しく笑えたら。

自分でも気付かないうちに笑顔がこぼれていたら。微笑ましく素直に好きな人を愛せたら。

ぼくは最高に幸せです。それを目指してふんわり温かい想いになれるようにぼくの言葉に

自分らしさをいっぱい込めて詰めて綴って書いて世に飛ばすんです。笑

 

 

こうやって自分らしく書いてて1番自分が楽しんでるっていうね。笑

単純でばかだなあってほんと思う。てへ。笑

 どんな形であれ自分自身を表現するのは大事だよね。これからもスローペースで

まったり、ゆるふわ、のほほんとした槻*cho仔Φでありつづけます!

これからもがんばります!